RYT200,RTY500の為のヨガ哲学【yoggy必見】まずはイメージ

ヨガとともに生きていく

サハラ砂漠の朝焼けのような

紫とオレンジと、赤と少しのイエローとブルー

そんな色彩を求め、海に訪れた。

そこで出会った空は

いつかのどこかの空ではなく

ここにしかない

ここにいるものだけが見られる

限りある空だった。

数十秒ごとにその色は変化し

雲達は神様のキャンバスとなる。

そこにはこの世の変化の美しさ

切なさ、尊さが、凝縮されていた。

人間の根源なる力というか

生命というか

自然というか、そういうもの。

ヨガの言葉で言うならば

ブラーナだろう。


ヨーガの哲学 (講談社学術文庫)

その見えないエネルギーを撮影したかった。

ジュリには、a yoginiを求めた。

海を愛する人、そしてヨガを愛する人。


Perkisboby スポーツウェア レディース ヨガウェア 上下セット ウェア フィットネス ジャージ ホットヨガ トレーニング ランニング 吸汗速乾 ジョギング 4点/2点セット

特別なポーズが必要ではない

ヨギーニなら、手を合わせて

呼吸するだけで、すぐにヨガになる。

ヨガとともに生きていく。

そう決めたのは、いつだったかな。

みんなもあるでしょ。

ヨガは逃げないし、追いかけてもこない。


ヨーガに生きる: 中村天風とカリアッパ師の歩み (中村天風伝)

自分がほしい時に、呼吸して

中に意識を集中させたら

すぐそばにあることに気づく。

いつも一緒だ。

大切なものはいつも見えないね。

多くのミュージシャンが歌ってる。

そう、あの曲の、あれさ。

神々しい景色と時の中で

静かに座った、a yoginiは

どんな感じだったのだろうか?

稀代の名作でもかなうことのない

美しい空と海と一つになった彼女は

自分の在るべき場所を感じて

そこから戻ってきたのだろう。

また彼女らしさの純度が増す。

時代が、「生き方」と「幸せのありする神、破壊する神だ。これが人生で 方」を求めている。ただ、ヨガをすあり、この繰り返しが、今の自分を本 る私達はその点においては、大方の当に正しい位置に置く方法だ。 生き方は決まっている。

「ヨガとと 幸せを問うた時、自分らしくあれる もに生きていく」ということ。これことが大切だが、自分が自分であるこ は生き方として、具体性が細かくあとが難しい。

だからこそ、ヨガのポー るわけではないし、毎日ボーズや呼吸、瞑想といったもので、自分 でやりますとか、瞑想をしますとかといが本当の自分であることを求める。

自分の話ではない。きちんと視覚化して 分らしい状態であるためには、常に、 表せないが、確かにあるヨガの思想 過去の自分にとらわれることなく、今 を追い求めて生きるということだ。 自分でい続けなくてはならない。

現代のヨガの最終目的は、幸せに質とは変わらない部分。変容すること なること。

不快なこと、不安をなく を恐れず、変化させ、受け入れていく して、喜びを増やしていく。それが ことが、本質に気づき、それとともに 重要だ。

でも、不快なことがないこ生きていくということなんだろう。 と、不安がないことは、幸せなのだ幸せは変化しない。幸せの周りにあ ろうか?

不快は今に存在して、あるものだけが変化を繰り返す。 安は未来に存在するもの。

だから、 私達は変わらない。生き方が変化し 今に集中した生き方をすれば、不安ても、私達の大切なものは何も変わら はなくなる。

しかし、喜びと悲しみ、 ない。時代の価値観にも流されること 幸せと辛さ、そういった相反するも、 ない、唯一無二のそれを自分の真ん中 のがあってこそ、「生きる」という)に置いておきたい。 ことについての深みが増す。

ヨガと生きるとは、さまざまな変容 また、生と死の間、すなわち生き の中でも変わる自分、変わらない自分 ている時間に命の持続がある。

しかとそれを受け入れ、否定せず、生きるという し死は訪れる。新しいものが生まれてくことなんだろう。自分自身。

という なくなるのは、自然の摂理。永遠にものを助手席に乗せて、自分の人生を 持続可能なものなどない。変化し続 生きる。常に、助手席の自分自身。 けることこそが真実。時代の動きにと対話しながら、時に意見が違っても、 変化変容し、現在の形になっている。考え、悩み、そしてボロボロになって ことこそが、持続なのだろう。 も、また再生して、生きていく

インドの三大神は、ブラフマン(創 だん自分と*自分自身。が一体化して、 造神)、

ビシュヌ(維持神)、

シヴァ そして調和し、一つになって生きてい (破壊神)。

名の通り、創る神、維持く。きっと、そういう感じなんだろう。

ヨガ哲学のまとめ

ヨガの哲学を理解するためのわかりやすいキーワードで書いてみました。

次回以降は実践的な神との世界、つながり、身体的なことを説明していきたいと思います。

ヨガの哲学をわかりやすく説明するつもりです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました