2020年9月発表のipadの特徴とアクセサリーのまとめ解説

ipadガジェット

新しいiPad Airは、2020年にリリースされ、P3ワイドカラー、True Tone、およびラミネートコーティングを備えた10.9インチLiquid Retinaディスプレイを搭載しています。

Touch IDは電源ボタンにあります。

2020 iPad Airは、新しいA14 Bionicプロセッサーのおかげで「パフォーマンスが飛躍的に向上」しました 。

「画期的な5nmテクノロジーを使用した業界初の製品です」とAppleは言います。CPUは40%高速で、GPUパフォーマンスは30%向上し、新しいニューラルエンジンのおかげで機械学習パフォーマンスも向上しました。

新しいiPad Airは、1360インチのディスプレイを備えた10.9インチディスプレイを備えたiPad Proのようなデザインを特徴とし、フルラミネーション、P3ワイドカラーガマット、True Tone、および反射防止コーティングを備えています。USB-C接続と再設計されたスピーカーシステムも備えています。

アクセサリに関しては、iPad Airは第2世代のApple Pencil と Magic Keyboardをサポートしてい ます。

ベースモデルの価格62.800円からとかなりお買い得に抑えられています。

Ipad proからUSB-Cに対応

2020 iPad Airや11インチおよび12.9インチのiPad Proとは、Lightningポートの代わりにUSB-Cポートを備えています。

ただし、デバイスが新しいポートを備えているからといって、それがUSB-Cコネクタを備えたものがiPad Pro、2020 iPad Airで突然動作することを意味するわけではありません。

いくつかの制限はまだありますが、USB-Cを使用すると、外部ディスプレイ、カメラ、その他のアクセサリへの接続がさらに簡単になります。

iPad Proと2020 iPad Air、その光沢のある新しいポートでできることは次のとおりです。

USB-Cコネクタは多くの役割を果たします。

Appleのラップトップでは、すべてのUSB-CポートがThunderbolt 3ポート(12インチMacBookを除く)であり、これにより、驚くほど高速な帯域幅とスループットを実現し、単一のポートから複数のディスプレイと大量の接続を駆動できます。

iPad Pro、2020 iPad AirにはThunderboltがありません。USB-C 3.1 Gen 2ポートを備えています。これは、毎秒最大10ギガビットを駆動できることを意味し、iPadが毎秒60フレームで5Kモニターを駆動できるようにします。ただし、落とし穴があります。

実際、iPad Pro、2020 iPad Airの新しいUSB-Cに関連するほとんどすべてのことについて知っておくべきことを説明していきます。

外部ディスプレイを接続する

新しい2020 iPad Air、iPad Proは、DisplayPort標準を介して通信するUSB​​-Cディスプレイに直接接続できます。USB-CケーブルをiPadの一方の端に、外付けモニターを4K LG UltraFineディスプレイのようなもう一方の端にUSB-Cポートで接続できます。iPadはHDR10出力をサポートしているため、27インチLG 27UK850などのハイダイナミックレンジディスプレイを利用できます。

iPadは画面をミラーリングし、一部のアプリは追加の画面出力を特別に利用します。たとえば、Keynoteはライブプレゼンテーションを外部ディスプレイに表示し、スピーカーノートをiPadに表示します。たとえば、テレビに接続して、Netflix映画を大画面で表示できます。セカンドディスプレイをMacに接続する場合ほど柔軟ではないことに注意してください。

少し厄介なのは、iPadに同梱されているUSB-Cケーブルを使用できないことです。「高帯域幅」接続をサポートするUSB​​ケーブルが必要です。

これには、ディスプレイに付属するUSB​​-Cケーブルが含まれます。持っていない場合。困ったことに便利なケーブルは、AppleがApple StoreからThunderbolt 3ケーブルを購入してこれを行うことをお勧めします。これはBelkinのものが2000円で入手できます。

iPadはThunderboltをサポートしていませんが、ケーブルは広帯域USB-Cと下位互換性があります。

iPadは5Kディスプレイに出力できます。ただし、Appleが販売するLG 5K UltraFineディスプレイは互換性がありません。どうして?USB-Cコネクタを備えていますが、Thunderbolt 3ディスプレイです。iPadはThunderboltをサポートしていません。5K USB-Cディスプレイは現時点では非常に不足しており、現時点で良い推奨事項はありません。

HDMIなど、USB-Cポートを持たないディスプレイに接続する場合は、ある種のドングルまたはアダプターを使用する必要があります。

iPad Proは、アダプターを使用して、HDMI 2.0仕様を使用して出力することができます。これは、最大解像度4K、60Hzをサポートし、互換性のあるアダプターでHDR10およびDolby Visionを理論的に出力できます(まだ利用できないようです)。

HDMIのアップルドングルは、Apple USB-CデジタルAVマルチポートアダプターです。これはiPad Pro USB-Cポートに接続し、HDMI出力、電源用のパススルーUSB-Cポート、および標準USB-Aポートを追加します。Appleアダプタは30Hzで4Kを出力します。古い学校のプロジェクターなどに接続する必要がある場合は、USB-C-VGAアダプターを入手することもできます。

他のデバイスの充電

2020 iPad Air、iPad ProのUSB-Cポートは、接続されたデバイスに最大7.5 Wの充電速度で給電できます。

USB-C-Lightningケーブルをお持ちの場合は、iPhoneを接続してiPhoneをiPadで充電できます。

2つの新しいiPad Proをお持ちの場合は、付属のUSB-C-USB-Cケーブルを使用してそれらを接続し、もう一方を充電できます。1台のiPadが同時に他のiPadから電力を供給されます。

サードパーティのUSBアクセサリも最大7.5 Wの電力を受け取ることができます。

プラグを差し込むだけです。USB-Aアクセサリをお持ちの場合は、USB-C-USB-Aドングルを購入できます。

Appleは去年、Apple Watch用のUSB-Cケーブルをリリースしました。

これにより、外出先でもApple Watchを充電できます。中間ドングルは不要で、iPadのバッテリーを充電するだけです。

外部ストレージから写真とビデオをインポートする

iPadは一般的な外部ストレージをサポートしていません。USB-Cフラッシュドライブを接続して、ファイルアプリでファイルを表示することはできません。

これはオペレーティングシステムの制限であり、Appleが将来のソフトウェアアップデートで対応することを期待しているが、今日は不可能である。

ただし、写真アプリを使用して、USBストレージから写真や動画をインポートできます。

USBハードドライブにたくさんの写真がある場合は、それをiPadに接続し、写真アプリの[インポート]タブを使用して写真やビデオを取り込むことができます。

これはカメラでも機能します。多くのカメラは、USB-CまたはミニUSBポートを備えています。

この約600円のUSB-C mini-USBケーブルのような適切なアダプターまたはケーブルがあれば、カメラで撮影してすぐにiPadに接続し、ファイルをインポートして写真を大画面で見ることができます。

SDカードのインポートについても同様です。

Appleは現在、独自のUSB-C to SDカードリーダーを提供しています。

それをiPad Proに差し込み、SDカードを挿入すると、写真とビデオのインポートが可能になります。UHS-IIカードでの高速転送もサポートしています。

USBはオープンスタンダードなので、 Appleの公式製品が高すぎる場合は、より安価なSDカードUSB-Cドングルを見つけることができます。

コストを抑えたものはこちら【Thunderbolt 3非対応】

ハードウェアキーボードと有線インターネットを接続する

iPadには、多くの基本的なタイプのUSBアクセサリ用のドライバがあります。iOSでは追加のドライバーをインストールできませんが、コンピューターでプラグアンドプレイできる驚くべき数の基本的な外部デバイスをサポートしています。

たとえば、ハードウェアキーボードは機能します。

USB-Aキーボードをお持ちの場合は、USB-Cアダプターを使用してプラグインすることができ、iPadがそれを検出するので、思いのままに入力できます。

もちろん、AppleはBluetoothキーボードまたはApple Smart Keyboard Folioを使用することをお勧めします。

iPadがサポートするもう1つのことはイーサネットです。WiFiを使用できない場合、iPadは実際には有線ネットワークを使用できます。

USB-Cイーサネットドングル とハードワイヤードギガビットイーサネットをiPad Proに接続できます。検出されると、iOS設定画面にイーサネットの新しいセクションが魔法のように表示されます。

スピーカー、マイク、またはオーディオMIDIデバイスに接続する


iPadにはヘッドフォンジャックはありません。1000円のApple USB-C-ヘッドフォンジャックアダプターを使用して、有線のヘッドフォンまたはスピーカーに接続できます。USB-Cヘッドフォンをお持ちの場合は、直接接続するだけで機能します。

USBを使用して、MIDIキーボードやマイクなどのオーディオデバイスを接続することもできます。場合によっては、ポートを介したiPadの出力7.5ワットで、小さいアクセサリに電力を供給するのに十分であるため、必要なのはUSB-Cケーブルだけです。

USBバスに十分な電力が供給されている限り、より多くの電力を必要とするアクセサリが機能します。GarageBandなどのアプリを使用して、MIDIアクセサリと通信します。

これを実現する1つの方法は、 Apple USB-CデジタルAVマルチポートアダプタを使用することです。HDMI出力を無視し、電源をアダプターのパススルーUSB-Cポートに接続して、アクセサリーを標準のUSBポートに接続します。その後、アクセサリはUSB-C充電を通じて電力を消費します。

マルチポートハブを接続する


最後に、USB-C帯域幅は十分に高いので、単一のポートを介して複数のアクセサリを一度に駆動できます。

写真のインポート、ディスプレイ、マイクなど、上記のすべてを同時に組み合わせることができます。適切なハブが必要であり、市場から選択する負荷がたくさんあります。

これが2000円で安くてお手軽で、SDカードリーダー、micro-SDカードリーダー、3つのUSB-Aポートを備えています。

いつものように、一度に接続できる量は、利用可能な電力スループットによって制限されます。

アップルUSB-CデジタルAVマルチポートアダプタは 付属の接続用HDMI、電源入力、および予備のUSB-Aポートを提供し、基本的にそれ自体がハブです。

これの多くは以前のiPadで可能でしたが、常にアダプターを使用する必要がありました。

USB-C用のLightningをドロップすると、直接接続できる周辺機器の全世界にiPadが開かれます。USB-Cの追加の帯域幅によって、これまでは不可能だったいくつかのことが可能になります。

最大4Kディスプレイとカメラに同時に接続するか、60Hzのリフレッシュレートで単一の5Kディスプレイに接続できるようになりました。7.5ワットの充電も早いです。

2020ipad air ipad proのまとめ

USB-C対応やディスプレーやプロセッサーの進化、キーボードとの併用でパソコンライクに使える拡張性で一気に人気を博したipad.

アクセサリーも豊富で、マジックペンでの手がきメモや絵を書くなどアーティスティックに変化しています。

プロセッサーの強化で4K編集もできるなど、楽しみですね!!

買い替えの際は、宅配で送れてコロナの心配もない宅配買取サービスがおすすめです!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました