2/1 What Happen in Myanmar

ミャンマー

まさか、自分がビジネスをする国で軍事クーデターが起こるとは。。。。

この日記は実際にミャンマーでビジネスをしている、私が様々な報道や現地で起きている事を

事実に寄り添って、肌で感じたことを記録しています。

基本的に写真や動画は、自分で撮影したものです。

大使館の緊急メール

8:15

在留邦人の皆様へ
当地滞在の皆様へ

2021年2月1日

 2月1日早朝、ヤンゴン地域、ネーピードー管区を含むミャンマー全土で、NLDの政府閣僚、議員、党員が多数拘束されました。
 現時点で一般の人々を巻き込む動きは見られていませんが、不測の事態に備え、現時点で不要不急の外出を控えるようにお願いいたします。

在ミャンマー日本国大使館領事班

10:15

2021年2月1日

 本1日午前8時30分、国軍放送局「ミャワディ」が大統領府命令を発表し、憲法第417条及び418条の国家緊急事態宣言の規定に基づき、国の司法・立法・行政の権限が大統領から国軍司令官に委譲された旨発表しました。
 今後の状況について大使館として引き続き情報収集に努めますが、引き続き不測の事態に備え、不要不急の外出を控えていただきますようお願いします。
 なお、上述の大統領令発表において、昨年11月の総選挙で国軍等が有権者名簿の誤りを指摘したにも拘わらず、政府及び連邦選挙管理委員会は見直しを行わず、また議会を当初の予定通り開催しようとしたことは、民主主義に対する重大な違反であり、憲法第417条及び418条の国家緊急事態宣言を発表した、この措置は同規定に基づき一年間の法的拘束力を有する旨説明しています。

本1日午前8時30分、国軍放送局「ミャワディ」が大統領府命令を発表し、憲法第417条及び418条の国家緊急事態宣言の規定に基づき、国の司法・立法・行政の権限が大統領から国軍司令官に委譲された旨発表しました。
 今後の状況について大使館として引き続き情報収集に努めますが、引き続き不測の事態に備え、不要不急の外出を控えていただきますようお願いします。
 なお、上述の大統領令発表において、昨年11月の総選挙で国軍等が有権者名簿の誤りを指摘したにも拘わらず、政府及び連邦選挙管理委員会は見直しを行わず、また議会を当初の予定通り開催しようとしたことは、民主主義に対する重大な違反であり、憲法第417条及び418条の国家緊急事態宣言を発表した、この措置は同規定に基づき一年間の法的拘束力を有する旨説明しています。

本2月1日11時15分、国軍放送局は、ネーピードーで、ミン・アウン・フライン国軍司令官がミン・スエ臨時大統領(軍人選出の副大統領)他と協議を行った旨発表しました。その中で、国軍として2008年憲法の規定を尊重・遵守し、国家の権限を臨時大統領に委譲し、本日から政権を始動すること、緊急事態宣言に基づき自由で公正な総選挙を実施し、選挙で勝利した政党に国家の権限を委譲する旨述べました。追加情報等あれば随時お伝えします。
 なお、これまでのところ、一般の人々を巻き込む動きは見られていませんが、これまでお伝えしているとおり、引き続き不測の事態に備え、不要不急の外出を控えていただくようお願いします。

1月26日付領事メールにてお知らせいたしました2月3日(水)全日空ヤンゴン発成田着NH814便(ヤンゴン出発時刻21時45分・成田到着時刻翌6時20分)につきまして、欠航になったとの情報が入りましたので、お知らせいたします。
 なお、今後の運航情報につきましても、情報が入りしだい、お知らせすることとしております。

ミャンマー保健・スポーツ省が1月31日午後8時、本2月1日午後6時に発表した新型コロナウイルス感染症患者に係る情報の概要は、以下のとおりです。これにより、2月1日午後6時(当地時間)現在、ミャンマー国内における感染者数は計140,145名(うち退院者125,072名)、死亡者は3,131名です。

新たな感染者数と内訳
(1)16,279件の検体を検査した結果、新たに281名の感染者を確認。

各種報道機関の情報

ミャンマーのティラワ経済特区にあるスズキの完成車工場(2019年8月)ミャンマー「最後の成長市場」暗雲 中国への傾斜懸念
ASEAN議長「政治的安定は不可欠」ミャンマーに対話促す

東南アジア諸国連合(ASEAN)は1日、ミャンマーのクーデターを受けて「加盟国の政治的安定は、平和で繁栄した共同体の実現に不可欠だ」とする議長声明を出した。ミャンマー国軍や政府に、対話を通じて正常な状態に戻るよう
2017年にマニラで開かれたASEAN首脳会議に出席したアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相=ロイター
ASEAN議長「政治的安定は不可欠」ミャンマーに対話促す
タイのミャンマー大使館前で抗議デモ 警察が排除

タイの首都バンコクにあるミャンマー大使館の前で1日午後、在留ミャンマー人らがミャンマー国軍によるクーデターに抗議するデモを行った。タイの反体制グループも加わった。タイの警察当局は午後5時(日本時間同7時)ごろ、機動隊を投入してデモ隊を排除した。 ミャンマーの隣国であるタイには、ミャンマーからの出稼ぎ労働者が多くいる。バンコク中心部にある大使館前に集まったミャンマー人は、国軍
タイの警察当局と衝突するミャンマーのクーデターに抗議するデモ隊(1日、バンコク)=ロイター
タイのミャンマー大使館前で抗議デモ 警察が排除
ミャンマー邦人に注意喚起 外務省

外務省は1日、クーデターが発生したミャンマーの在留邦人に対し、安全確保に努めるよう注意を呼び掛ける「スポット情報」を出した。現地当
ミャンマー邦人に注意喚起 外務省
ミャンマー民政頓挫 国軍、改憲論に危機感

■与党が多数派を形成する議会の図式は変わらず ■20年11月の総選挙で軍への反感は根強いことを痛感 ■民族和平を突破口とした改憲機運を懸念
政権を率いるスー・チー国家顧問は国軍によって拘束された=ロイター
ミャンマー民政頓挫 国軍、改憲論に危機感
「国軍は説明責任果たせ」ミャンマー・クーデター 識者に聞く

ミャンマー国軍が1日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相やウィン・ミン大統領らを拘束した。今後のミャンマー情勢や国軍の動きについて、上智大の根本敬教授とシンガポール国際問題研究所のサイモン・テイ会長に聞いた。 根本敬・上智大教授(ミャンマー近現代史) アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相やウィン・ミン大統領を拘束したことは想定外だった。国軍は2020年の総選挙の不正を訴えるが、十分な調査を

ミャンマー国軍が1日、国家権力の掌握とともに全土に非常事態宣言を出し、現地に進出する中部企業に動揺が広がった。鉄鋼商社の岡谷鋼機や中部電力グループのトーエネックは駐在員らの安否を確認したうえで自宅待機を指示している。 あいち産業振興機構によると、ミャンマーに拠点を持つ愛知県の企業は24社(2019年末時点)。トヨタ自動車グループではデンソーが最大都市のヤンゴンでガラスを拭うウォッシャー液用のホー

ミャンマー国軍が1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明した。紛れもないクーデターだ。アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる与党が圧勝した2020年11月の総選挙で、軍は不正があったと抗議していたが、民主主義を無視した実力行使は許されない暴挙である。 1日は首都ネピドーで連邦議会を招集予定だったが、未明までに軍はスー・チー氏など政権首脳を相次ぎ拘束した。その後、軍系放送局が立法、
政権を率いるスー・チー国家顧問は国軍によって拘束された=ロイター

ミャンマーの首都ネピドーでは1日、国軍の兵士が政府施設を取り囲んだ。施設内には連邦議会の下院議員がいるが、外出を禁じられているもようだ。この日は2020年11月に実施された総選挙後初めて、下院が招集される予定だった。 市場でも銃を構えた兵士の姿が見られた。上空を旋回する軍用機も目撃された。ロイター
1日、ネピドーの連邦議会議事堂に通じる道に検問所を設けたミャンマー国軍の兵士ら=ロイター
ミャンマー首都、兵士が政府施設を包囲
菅政権、ミャンマー国軍クーデターの発信遅れ

ミャンマーで起きた国軍によるクーデターを巡り、菅義偉政権の反応の遅さが国際社会で目立った。 アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が拘束されたとの一報が入ったのは日本時間の朝だ。米国や国連は事態の発覚から数時間のうちに、軍の行動を非難する声明を素早く出した。 米ホワイトハウスは大統領報道官が日本の正午までに「選挙結果の変更や民主化移行を妨害するいかなる試みにも反対」と表明した。ブリンケン国務長官
ミャンマーのクーデターを巡り都内の国連大学前で抗議する日本在住者ら(1日)=ロイター
菅政権、ミャンマー国軍クーデターの発信遅れ
中国外務省「ミャンマーは友好国」 クーデター非難せず

中国外務省の汪文斌副報道局長は1日の記者会見で、ミャンマーで同日起きた国軍のクーデターについて「憲法に基づいて意見の違いを適切に処理し、政治と社会の安定を守るように希望する」と述べた。クーデターを非難せず、静観する姿勢をみせた。汪氏は「中国はミャンマーの友好的な隣国だ」と明言した。 中国はミャンマーとの関係強化を進める。米国との関係が悪化し、中国南部の内陸部からインド洋に通じる
中国外務省の汪文斌副報道局長はミャンマー情勢を静観する姿勢を示した(1月16日、北京)=共同
中国外務省「ミャンマーは友好国」 クーデター非難せず
「ATM、携帯使えず」日本企業のミャンマー駐在員に聞く

ミャンマー国軍が1日、クーデターを起こした。事実上の政府トップで与党、国民民主連盟(NLD)党首のアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相、ウィン・ミン大統領は拘束された。ミャンマーは製造業などの有力な投資先として注目され、住友商事やスズキなどが進出している。2011年の民主化から10年。「政情不安定な国」のイメージが再び定着する恐れもある。 ■大通りに車、まばらな人影 日本時間の1日午後3時、ヤ
ヤンゴン市内では国民民主連盟(NLD)の党員らしき人たちの抗議活動もあった(2月1日)=石川商事提供
「ATM、携帯使えず」日本企業のミャンマー駐在員に聞く
中国、ミャンマー通じガス・原油調達 軍側ともパイプ

】中国政府はエネルギー安全保障上の観点からミャンマーを重視する方針を変えないとみられる。米国の影響力が強いマラッカ海峡を経由せずに、中国石油天然気集団(CNPC)がミャンマーからパイプラインを使って天然ガスと原油を輸入しているからだ。 中国国営の新華社によると、ミャンマーにある中国大使館は1日、現地の中国企業に「驚き慌てることなく、緊急事態に備えるように」との通知を出した。中国
ミャンマーから中国に天然ガスを運ぶパイプライン(中国石油天然気集団の公式サイトから)
中国、ミャンマー通じガス・原油調達 軍側ともパイプ
英豪や国連、ミャンマー国軍非難 米「行動起こす」

ミャンマーで1日に起きた国軍によるクーデターを非難する声明が国際社会で相次いだ。 米ホワイトハウスは1月31日、国軍に拘束されたミャンマー政府の事実上のトップ、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相らの解放を求めた。「選挙結果の変更や民主化移行を妨害する試みに反対」すると主張。「これらの措置が取り消されなければ、責任者に対し行動を起こす」と言明した。ブリンケン米国務長
米ホワイトハウスのサキ大統領報道官(1月28日)=AP
英豪や国連、ミャンマー国軍非難 米「行動起こす」
茂木外相「重大な懸念」 ミャンマー情勢に談話

茂木敏充外相は1日、ミャンマー国軍によるクーデターに関して「重大な懸念」を表明する談話を発表した。拘束されたアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相ら関係者の解放を求めた。 「日本政府はミャンマーの民主化プロセスを強く支持してき
茂木外相「重大な懸念」 ミャンマー情勢に談話
ミャンマー国軍「総選挙、非常事態宣言の解除後に」

クーデターを実行したミャンマー国軍は1日、国軍系テレビ放送を通じた声明で、非常事態宣言の解除後に「(軍政下で制定された)2008年憲法に基づき、自由で公正な、複数の政党による総選挙を実施する」と表明。「勝利した政党に政権を委譲する」と語った。2020年11月の総選挙(上下院選)の結果を無効とし、やり直す考えを示した。国軍側は非常事態宣言の期間を1年と説明している。
国軍のミン・アウン・フライン総司令官はクーデターでミャンマーの全権を掌握した=ロイター
ミャンマー国軍「総選挙、非常事態宣言の解除後に」
官房長官「日本人の安全確保に万全」 ミャンマー情勢

加藤勝信官房長官は1日午前の記者会見で、ミャンマーでの事実上のクーデターに関して「現地日本人の安全確保に万全を期す」と述べた。「現時点で市街での衝突などの情報には接していない。随時状況をアップデートして必要な対応を講じていきたい」と語った。 加藤氏
官房長官「日本人の安全確保に万全」 ミャンマー情勢
アジア各国、ミャンマー情勢に懸念と静観

1日にミャンマー国軍が実行したクーデターに対し、アジア各国が声明を出した。ミャンマーが参加する東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国の一部からは懸念の声があがる一方、ASEANの内政不干渉の原則に従い、慎重な内容も目立った。 インドネシア外務省は「ミャンマーのすべての人が自制心を働かせ、状況を悪化させない解決策を見つけるために対話をすべきだ」と訴えた。シンガポール外務省の
カンボジアのフン・セン首相はミャンマーのクーデターを同国の「内政問題だ」と指摘した(2019年10月のベトナム訪問時)=ロイター
アジア各国、ミャンマー情勢に懸念と静観
ミャンマー投資、中国・香港が多く 発電所建設など

ミャンマー経済は外国からの投資に下支えされて成長してきた。ミャンマー投資企業管理局(DICA)によると、19年10月~20年9月の外国投資認可額はシンガポールが約18億6000万ドル(約1900億円)で最多だった。ただ、2位の香港(約14億2000万ドル)と4位の中国(約5億5000万ドル)を合計すると20億ドルに迫り、「中国・香港連合」が事実上の1位だといえる。 中国・
ミャンマーは電力供給が不安定(ヤンゴン近郊の発電所)
ミャンマー投資、中国・香港が多く 発電所建設など
香港株前引け 反発、ネット株けん引 ミャンマー情勢は反応薄

1日午前の香港株式市場でハンセン指数は5営業日ぶりに反発した。前引けは前週末比538.90ポイント(1.90%)高の2万8822.61だった。前週までさえなかった中国のネット株が押し目買いで軒並み高となり、相場全体をけん引した。指数は前引けにかけて上げ幅を広げ、午前の高値圏で引けた。 ミャンマーで1日、事実上の同国政府トップのアウン・サン・スー・チー国家顧問とウィン・ミ
香港株前引け 反発、ネット株けん引 ミャンマー情勢は反応薄
外務省「不要不急の外出自粛を」 ミャンマー情勢巡り

外務省は1日、ミャンマーでアウン・サン・スー・チー国家顧問らが国軍に拘束されたのを受け、不要不急の外出を控えるよ
外務省「不要不急の外出自粛を」 ミャンマー情勢巡り
ミャンマーでクーデター 国軍が全権掌握

ミャンマー国軍は1日、クーデターを実行した。国軍系テレビは1年間の「非常事態宣言」が発令されたと伝えた。国軍出身のミン・スエ副大統領が大統領代理として署名した。立法・行政・司法の全権はミン・アウン・フライン国軍総司令官が掌握。与党、国民民主連盟(NLD)の広報担当は同日、国軍が事実上の政府トップで党首のアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相、ウィン・ミン大統領を拘束したと明かした。

ミャンマーでクーデター 国軍が全権掌握

現地の様子

7:00起床 コーヒーを飲みながらニュースをチェックしようテレビのYoutubeをを見ようとしたらつながらず。

ネットの調子が悪いのかと思ったら、携帯電話もつながらない。

その後繋がり、スーチーさん拘束のニュースが見れたが、すぐにwifiもだめになる。

急いで会社に行き、会社の5BBはつながる模様。

日本側の上司や取引先に連絡。

大使館やニュースサイトでは続々と流れてくる聞き慣れない言葉

「軍事クーデター、拘束、連行、国軍、デモetc…」

町中はこんなに平和そうなのに。

何が起きているのか

ニュースと目の前の現実の差があまりにも大きく離れ

いまだに信じられない。

コロナの騒ぎのときもそうだがミャンマーの人たちは

米や油を買い占めに走っているらしい。

夕方、パスタが欲しくてスーパーに寄ったら見事に棚から、米、油、卵が消えていた。

帰り道、まるでなのもなかったように露天でお茶をしている人たち

まだ何が起きているのか実感がない。だって周りは日常そのものの

のんびり、やさしい、ミャンマーだから。

まとめ

朝は携帯キャリアはつながらなかったが

wifiはつながっていました。町中は特に変わらずバスやタクシーそしてみんな普通に出勤していました。

午後になり様々なニュースが飛び込んできたが特に周りに変化はなし。

スーパーなども変化なし。

もちろん私の会社も通常営業。

コメント

タイトルとURLをコピーしました