妊娠中はマタニティヨガがオススメ!どんな効果があるのか徹底解説

オンライン

「妊婦になってなかなか通常のように運動ができない」という悩みを抱えている人も多いと思います。

自分で体調管理もしないといけないし、動けないことによってストレスも溜まるでしょう。

そんな悩みを抱えている方におすすめなのが「マタニティヨガ」です。

マタニティヨガは、妊婦さんが行えるヨガで、体に負担をかけずにインナーマッスルを鍛えたり、呼吸法を意識することによって気持ちを落ち着けたりすることができ、肉体的にも精神的にも高い効果を及ぼします。

そこで今回は、妊婦さんのお悩みを解決できるマタニティヨガの効果について、具体的に解説していきたいと思います。

マタニティヨガとは?

マタニティヨガは通常のヨガを妊婦さん向けに変更しているものを指します。

ヨガの中にあるうつ伏せになるポーズや後屈のポーズ等は省いてあったり、

ダイナミックな動きもないので、妊娠中でも体に負担がなく取り組めるような配慮がされていて安心です。

マタニティヨガの効果4選

それではここからは、マタニティヨガには実際にどのような効果があるのか、

具体的に解説していきます!

①ホルモンバランスが整えられる


妊娠中はホルモンバランスが通常と比べて乱れてしまうことによって体調の変化が大きくなったり、気持ちのアップダウンが大きくなってしまいます。

ヨガをしながら深呼吸をしてリラックスをすることによって体を整えることによって、心を整えることができるので、安定した妊娠期間を送ることができるでしょう。

②血流やリンパの流れがよくなる

妊娠期間中はあまり運動もできないですし、血流やリンパの流れが滞ってしまい、むくみや腰痛・足のつりなどに悩むという人も多いようです。

ヨガはゆっくりとした動きの中で呼吸を意識するので、有酸素運動となります

続けていくことによって体温を上げたり、血流やリンパの流れをよくすることができるので体の不調を改善することができます。

③骨盤を整えられる

おなかの子どもが徐々に大きくなるにつれて、骨盤がゆがんできます。

マタニティヨガを行うことで、骨盤底筋を鍛えつつ骨盤を正常の位置に戻しながら動きを円滑にすることができます。

実際に、ヨガを定期的にやっている人の方が骨盤が開きやすいのでスムーズに赤ちゃんが出てきて安産になる確率が高いようです。

④陣痛を乗り切りやすくなる

ヨガは体の動きはもちろん、呼吸法を重要視しています。

陣痛の時には痛みや不安で呼吸を整えてリラックスできないという人も多いようです。

そのため、痛みがなかなかおさまらずに長時間陣痛で苦しむようになります。

深い呼吸が日常的にできていると、陣痛の間にしっかりとエネルギーを蓄えることができるので、短い時間でのお産になることが多いようです。

マタニティヨガの注意点

マタニティーヨガには気をつけなければいけない点も有るので、解説します。

①無理をしない

マタニティヨガを行う場合は、自分の体調と相談しながら無理をせずに行いましょう。

やっている途中でお腹が張ってきたり、具合が悪くなった場合はすぐに中止して休むようにしましょう。

②安定期に入ってから行う

つわり等が終わって安定期に入ってからマタニティヨガをスタートするようにしましょう。

始める際は事前に担当のお医者さんにご相談しておくといいでしょう。

③食後や入浴直後はやらない

食事をしてすぐや入浴直後の体温が上がっているときには、ヨガをすることによって具合が悪くなる可能性があります。

そのため、行うタイミングを気を付けておくようにしましょう。

まとめ

今回は妊娠中のマタニティヨガについて解説してきました。

妊娠期間は自分の体調面も精神面でもさまざまな変化があります。

その変化に対応できるように、無理のない範囲で行うようにしましょう。

マタニティヨガには禁止されているポーズ等もあるので、しっかりと確認した上で自分の体の負担にならないように取り組みましょう。

マタニティーヨガに最適なオンラインライブクラスがあるのがソエルです。

産後にもヨガができ、赤ちゃんが泣いても保証サポートが有るなど

ママのためのサービスが充実しています。

無料で体験できますのでぜひ一度試してみて、気に入ってから入会してみましょう!!

オンラインライブできちんと指導を受けられる無料体験はこちら!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました