ミャンマーの航空状況2020年6月24日最新情報

ミャンマー発着の国際便の禁止は6月30日まで延長され、国の航空省は6月12日発表しました。

ミャンマーは3月に空港を国際商業便に閉鎖し、最近では禁止を6月15日に延長しました。政府の信頼できる情報筋によると、7月1日には国際線が青信号になる可能性が高くなっています。

参照:TTRW

国の観光産業は先週、観光事業者に財政的支援を提供し下記のようなフェーズで考えているようです。

Myanmar extends flight ban | TTR Weekly

今後のミャンマーの入国やVISAの見通し

まず、3つのフェーズに分け、準備や受け入れをしていく予定です。

電子決済や目新しい準備も有るようです。

7月に国内旅行を開始する3段階の復興計画を発表

ミャンマーのバガン等世界遺産登録目前のもの含め、シュエダゴン・パゴダなどミャンマーは観光資源が豊富です。

先ずは電子決済などの非接触を強化し、バス等も完全個室のものも現れました。

8月までに近隣市場からの旅行が再開

タイやベトナム等近隣諸国と協議の上、人数等は制限があるようですが

相互の観光客の入国を始めるようです。ここで気をつけなければいけないのは

労働者等は別の対応になり、厳しい対応になりそうです。

ちなみに日本ーベトナム間のビジネスは活発になるようです。

9月までに二国間で確立された航空会社の通路や旅行のバブルが中国、韓国、日本からミャンマーへの最初の観光客を入国

8月下旬から9月にかけて日本や中国韓国の観光、ビジネスの入国が許可されそうです。

日本に関しては観光ビザ免除の国であることから、日本からミャンマーへの入国が増えることが期待できます。

年末に向けて、足掛かりを取り戻し、12月から2021年初頭にかけてヨーロッパから最初の予約を獲得することを目的として、ヨーロッパからの旅行の促進に重点が移ります。

ANAの臨時便が飛ぶ!!6月26日

6月26日成田空港からミャンマーヤンゴンまで臨時便が飛ぶようです。

しかし救援便なので通常のチケット予約では取れないようです。

7月も中旬から各旅行会社のサイトから予約できそうです。

世界一お得に航空券がお得に買えるサイトはこちら

海外に行く際の、航空券の予約ですが航空会社に直接予約するより

お得なサイトで予約すると格安で購入できたり、ポイントがついたりとかなりお得に予約できます。予約サイトによって特典にが変わるので解説します。

★★★楽天トラベル【格安、ポイント】

楽天トラベルなら国際線の航空券やホテルもお得に予約できます。

日本語で予約できるし、楽天ポイントも溜まってお得!!

楽天ポイントも付くのでお得です。キャッシュレス5%も対象商品があります。

★★★Kiwi.com【格安、かんたん操作】

他の航空券検索サイトのなかで【格安、簡単、安心】で世界中の旅人に愛されているKiwi.

検索画面で自分の思い通りの検索が簡単にできる。【料金だけではなく経由地など】

世界中の航空券をお得に予約出来る操作も簡単な作りで初心者にもおすすめ。

航空券や旅行先をマップを見ながら探せるのも面白い。

★★★カタール航空【ハイグレード、格安】

中等のナショナルフラッグキャリアのカタール航空。

機材が清潔でServiceが良いワンワールドグループなのでJALや世界各国の航空券を

お得に買えるんです。自社便が飛んでいるところはかなりお買い得です。

★★★マレーシア航空【格安】

東南アジアからヨーロッパまで格安で使えるナショナルフラッグキャリアで

LCCでは味わえないサービスを体験できます。そして価格も安いんです。

もちろん預け荷物もついているので安心。特にアジア地域に強いです。

★ena【格安】

enaは日本語で予約ができる海外航空券予約サイト。

キャッシュレス5%還元にもタイプしています。操作が若干分かりづらい。

★旅工房【格安】

自分の好きなルートを詳細に組み立てられる組み立て型の旅行サイト。

旅慣れた方におすすめ。

★★エアトリ【格安、ツアーがお得】

ツアーがとてもお得なサイト。

アジアを中心にツアー商品が充実しているため、ホテルや航空券を探す手間がなく

清潔なホテルも一緒についてくるお得なサイトです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました