【食べ歩き済】ミャンマーヤンゴンのおすすめ日本食【美味しさ評価&MAP付き】

こんにちはpanchoです!!今日は実際に食べ歩き、シェフにも取材した

ミャンマーヤンゴンの日本食を取り扱うお店をご紹介したいと思います。

親日家のミャンマーはたくさんの日本食屋がありそのほとんどがミャンマー人経営です。

しかし中には日本人の料理人やオーナーが直接運営しているお店もあります。

実際の状況を在住者の僕がひも解いてみます。

【★5】蓮カンドージ

日本人料理人がいます。

日本や中国で活躍した本物の日本人すし職人が握る寿司が味わえる名店。

旬の日本でもなかなかお目にかかれない魚や食材を空輸し使った料理が味わえ、ジャズの流れる落ち着いた店内も日ごろの雑踏を忘れさせてくれて心地よい。

ヤンゴンで一番きれいな水で調理するので安心。

日本酒や焼酎も日本ではプレミアのついたものがリーズナブルに味わえるのがうれしい。

【★4】北海道

日本人料理人がいます。

高級サービスアパートメントの中にある和食店。

ランチがお得で日本人に人気ですが夜は値段の割には食材の質が低い。

主に住んでいる人が利用するため、メニューはあまり変化がない。

【★3】ふるさと

ミャンマー人料理人

三十年近く営業している老舗和食店。

リーズナブルな値段で在住日本人に人気です。特にかつ丼やステーキ定食がお勧め。

お刺身等の生ものはタイの輸入なのでお勧めはしない。

ツアーのルートにも入っているので昼時は混雑しているときもある。

【★3】蓮サヤサン本店

日本人料理人います。

鍋や和食で人気のお店。日本人料理人が作るお刺身や秘伝のたれの焼き鳥が美味しい。

ランチタイムはお得なセットメニューもたくさんある。

オープンテラスの東南アジアらしい店内で冷えたビールを飲みながらみんなでワイワイしたいお店です。

【★3】家津

ミャンマー人料理人

ヤンゴンで唯一手打ちそばが食べられるお店。

他にも和食メニューは充実しているが、このお店のおすすめはそば。

ダウンタウンの中心地近くにあるためアクセスはよい。

【★3】大ラ王

日本人オーナー

ヤンゴンで手打ちうどんや本格カレー、そして300gハンバーグなどバラエティーに富んだメニューで最近人気が出てきているお店。

オーナーの思い付きでメニューが増えていきます。

ハンバーグは町の定食屋さんの味でお勧めで、ラーメンも面は自家製です。

味噌や醤油など充実しています。

【★3】鎌倉

日本人オーナー

ヤンゴンのデートスポット、インヤー湖の近くの和食店。

タイからの良質な食材で寿司やお刺身を提供しています。

まるで山のような天丼などが人気です。

マリーナレジデンスというサービスアパートメントの中にあります。

【★3】てんぷら黒川

ミャンマー人料理人

築地てんぷら黒川のヤンゴン支店。日本で研修を受けたミャンマー人料理人が目の前で上げてくれます。

最近は日本酒のラインナップにも力を入れ珍しい日本酒に巡り合えるかも?

個室もありますがお勧めはカウンターで揚げたてを食べてください。

メニューはコースが中心です。

【★2.8】川島チャンピオン

日本人店長

カツオのたたきや以下の一夜干しなど、ひと手間かけた料理が味わえます。

おでんなどのメニューも充実しており日本人が多く住むダゴン地区にあります。

ランチ営業も近隣のサラリーマンには人気です。

【★2.5】武士道

日本人オーナー

五島列島出身のオーナーが独自に仕入れたあごだしの鍋やランチのコロッケが美味しい。

日本のテレビが映る個室も完備しており、ランチの定食がお勧め。

刺身等のラインナップは少なく主に揚げ物や焼き物が中心。

【番外編】トーキョーコーヒー

日本人オーナー

目黒の伝説にもなっている喫茶店のコーヒー職人がミャンマーで喫茶店をやっています。

コーヒーやケーキが日本のクオリティーでいただけます。そして焼き鳥丼や餃子などのメニューも充実しているためサンチャウンに住む外国人に人気があります。

2階はバー、3階は日本のカラオケが歌えるためどこの階でも料理がオーダーできます。

【番外編】トーキョーラブストーリー

日本人オーナー

夜はガールズバーでミャンマーで珍しい燻製が味わえるお店です。

お酒も豊富で世界中のお酒を楽しめ、山崎なども常備しています。

ヤンゴンの情報の交差点ともいわれるほどたくさんの業種の人が入り浸っているのでいろいろな話も聞けます。

カレーうどんも絶品。

まとめ

ミャンマーの発展と共に日本食屋が多くオープンしているヤンゴン。

日本から空輸して日本の居酒屋以上のクオリティーを出す蓮カンドージや

燻製というジャンルで勝負するトーキョーラブストーリーなど

この数年でどんどんレベルが上がっているヤンゴンの日本食事情。

ミャンマー料理に疲れたら是非利用してみてください。

コメント

  1. Trip-Partner スカウトチーム より:

    ブログ運営者様 平素より楽しくブログを拝見させていただいております。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい海外情報メディアの立ち上げを行っております。 是非、貴ブログのような、海外旅行者にとって内容に富んだ記事を弊社サイトでも投稿して頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。 報酬としては2000文字程度で2500円を考えております。 もしご興味御座いましたら範國(ノリクニ)宛(director@trip-partner.jp)にメールを頂くことは叶いますでしょうか?(その際メールにブログのURLを記載いただければ幸いです。 )具体的な依頼内容等について相談させていただきます。何卒宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました