【本物を探せ!!】イタリアのおすすめオリーブオイルと違いをチェック【日本でも買えるのあるよ】

オリーブオイルといえばヨーロッパ!!

そのヨーロッパの中でも一番の生産量を誇るイタリア。実は私のグループ会社も近くのモロッコでオリーブオイル関連の仕事を請け負っています。

イタリア人の友人から以前、日本ではなかなかいいオリーブオイルが手に入らないといわれたのを思い出し今回イタリアに居るのでお土産に買っていってあげようと聞きました。

星の数ほどのオリーブオイルの波の中ら探したおすすめを調べてみたので皆さんもイタリア旅行の際は参考にしてください。

オリーブオイルは種類と規格があります

国際オリーブ協会によって、オリーブオイルの製法や処理方法で大きく三種類に分かれます。

  • バージンオリーブオイル:化学的処理なしで、オリーブの汁をろ過しただけのもの
  • 精製オリーブオイル:化学的に還元して酸度を小さくしたもの
  • オリーブオイル(ピュアオリーブオイル):バージンオリーブオイルと精製オリーブオイルを混ぜたもの

上記のうち、最も高品質なバージンオイルも4つに分類されますが、その中でも最も酸化しにくく高品質なものがエクストラバージンオリーブオイルなのです。

ちなみに世界の基準と日本では違う為、粗悪な商品が並ぶ場合もあります。

ですのでイタリア産で上記の規格のものをお勧めします。

そして照明のあかしとしてEU規格に適合した証明となるマークなのです。安全で高品質なオリーブオイルの見極め方

  • DOP(Denominazione di Origine Protetta):その町や村で摂れた作物を使い、全ての工程をその土地で行われたことを証明する最高ランクのマーク。
  • IGP(Indicazione Geografica Protetta):DOPよりも制限が緩く、「他所で摂れた作物を使ってこの土地で製造した」など、1工程だけその土地で行えば与えられるマーク。それでもEUの厳しい規格に適合した信頼できる製品です。
  • BIO:原料から肥料まで、人工的に手を加えず、自然のままに栽培し、加工したものの証明。年に2回の厳しい検査を通過したものに与えられる。

容器に関してはやはりペットボトルよりガラス瓶のほうが酸化しにくいそうなのでその点も気にしましょう。

オリーブオイルに火を通してはダメ?

ペペロンチーノなどよく火を通すイタリア料理がありますが実は現役のシェフに聞いたところ、高級なエクストラバージンオイルは香りが消えてしまい、なおかつ苦みなどが残りやすいそうなので、火を通す調理の際はあまり高級なものは使わず、普通のオリーブオイルを使うそうです。

今回紹介するものはほとんどが香り付け等に使うものをご紹介します。

サラダやパンなんかがおすすめ!!

日本でも買えるVIBON

冒頭から申し訳ございませんが、日本でも買える良質なオリーブオイルあります(笑)

イタリアのエトナ山のふもとで生産される本物の【エクストラバージンオイル】はもちろんDOP認証済みで高地の為、害虫の被害を受けないため農薬散布が必要なくBioの製法で生産されています。

日本から一括契約で新鮮なエクストラバージンオイルが通信販売で買えます。

ちなみにこの会社ではギリシャやスペインのエクストラバージンオイルも購入できます。

【普段使い】SASSO

ジェノバで生まれたオリーブオイルブランド。

庶民的な価格で地元のスーパーでも入手でき1リットル10ユーロ程度なのでお土産にも最適。イタリア人も普段使いするメーカーです。

【チーズやパンと】Colonna

高級ブランドとして知られており750mlで20ユーロほどです。

いろいろな賞を受賞しているその味は繊細で調理で使うというよりパンやサラダにつけたり、チーズに垂らして食べる用途向けです。

スーパー等にはなくオリーブオイル専門店にあるのでそのようなお店を探しましょう。

【ポルチーニやトリフュの香り?】Basso

比較的歴史の浅いブランドですが毎日使える、普段使いできるオリーブオイルの一つです。

ちょっと値段が上がりますがイタリアでは普段の食卓でポルチーニやトリフュを合わせたようなフレーバーオリーブオイルもありますのでスーパーで見かけた際は一つ購入するといいでしょう。

10.Monocultivar Nocellara del BeliceTenuta Librandi Pasquale

Nocellaraという限られた種類のオリーブのみで作られた、カラブリア州産のエクストラバージンオリーブオイル。

トマトとミント、バジルの香りが特徴です。

フルーティで優しい味わいなので、焼き魚や生野菜におすすめです。

9.Monocultivar CoratinaIntini

Coratinaという種類のオリーブのみで作られた、プーリア州アルベロベッロ産のエクストラバージンオリーブオイル。

フルーティな風味にアーモンドとアーティチョークを思わせる香りが特徴。

ミネストローネ、レンズマメのスープ、焼いた肉、焼いた魚の料理に合います。

8.MimìAzienda Agricola Donato Conserva

Ogliarola barese、Cima di Melfi、Coratinaというオリーブのブレンドで作られた、プーリア州産のエクストラバージンオリーブオイル。

草原やレタスを思わせる香りにアーモンドとアーティチョークの風味が特徴です。

少々苦みと辛味があります。

焼いた肉に最も合います。

7.Ruggente Chianti ClassicoCastel Ruggero Pellegrini

Frantoio、Moraiolo、Leccinoというオリーブのブレンドで作られた、トスカーナ州キャンティ地方産のエクストラバージンオリーブオイル。

爽やかな草原の香り、アーモンドとアーティチョークを思わせる風味が特徴です。

ほんの少しの辛味があります。

茹で魚、生野菜、茹で野菜、焼いた肉にも合います。

6.Olio Evo Monovarietale MoraioloLa Ranocchiaia

Moraioloという種類のオリーブのみで作られた、トスカーナ州キャンティ地方産のエクストラバージンオリーブオイル。

アーモンドの香りとフレッシュな味わい、ほんの少し感じる辛味が人気です。

焼き魚、茹で魚、煮込み肉、茹で野菜にぴったりです。

5.Don GioacchinoLeone Sabino

アーモンドとトマトの青々しい香りが特徴の、プーリア州産のエクストラバージンオリーブオイル。

少々苦みがあり、ビターアーモンドとチコリーの風味を感じさせます。

赤身の肉、レンズマメのスープ、サラダ、カブソースのパスタに合います。

4.Veneranda 19Tenuta Zuppini

フルーティで草原とアーティチョークを思わせる香り。

味は強く、少々の苦みと辛味を感じさせる、アブルッツォ州産のエクストラバージンオリーブオイル。

ステーキにかけたり、ブルスケッタにも良く合います。

3.Grand CruFonte di Foiano

MaurinoとFrantoio、Moraioloというオリーブをブレンドして作った、トスカーナ州産のエクストラバージンオリーブオイル。

グリーントマトの青々しいノートが特徴。

味は強めで少々苦みがあり、アーティチョークを思わせます。

牛肉のカルパッチョ、マグロステーキ、ブルスケッタ、レンズマメのスープに良く合います。

2.Monocultivar MaurinoAzienda Agricola Giacomo Grassi

Maurinoというオリーブのみで作られたトスカーナ州キャンティ地方産のエクストラバージンオリーブオイル。

ローズマリーとセージを思わせるハーバルノートが特徴。

特に女性が好む優しい味わいで、魚料理に合います。

1.SuperboAzienda Agricola Quattrociocchi

ヨーロッパではBioといい農薬や遺伝子組み換えをしていないものにBioの表示があります。

そのBioマークで、ラツィオ州産エクストラバージンオリーブオイル。

フルーティな味わいで、レタスとアーティチョークを思わせる香りが特徴。

ミントとバジルの風味に少々辛みを感じさせます。

前菜に合い、ポルチーニ茸料理やブルスケッタ、タコのサラダなどにぴったりです。

焼いたステーキにこのオリーブオイルと塩、ブラックペッパーでいただくのも美味です。

まとめ

今回はオリーブオイルの世界基準から、生産地の種類や違いをまとめてみました。

フレーバーオリーブオイルもいいですが私は純粋なエクストラバージンオイルをまずは買ってみてサラダやチーズなどに試してみたいと思います。

ラベルとグレードの違いを覚えれば自分がどの種類が適してるか、お財布と相談して買えますしね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました