【ミャンマー事件】Justice for Victoria【現地情報付】#Metoo

こんにちは。本日は2019年5月にミャンマーの首都ネピドーで起きた事件について詳細情報も入りましたので記事にします。

今回の事件は新聞各社と現地での情報が錯綜しており、その点も踏まえて整理していきましょう。

Justice for Victoria事件の概要

先ずこの事件の内容ですがミャンマーのネピドーで当時2歳11ヶ月の女児が幼稚園で何者かにレイプされたことから始まります。

その後、近隣のタクシードライバーが監視カメラに写っているとのことで逮捕、起訴されました。

しかし、決定的な証拠がない中、ネピドーの警察署の副署長が逮捕したのと宣言後、家族がフェイスブックで呼びかけ【Justice for Victoria】運動へと展開していきました。

その後、逮捕されていた青年は釈放されましたが、真犯人が捕まらず捜査中とのことから全国的な運動に発展しました。

先ずはミャンマー地元大手紙【イラワジー紙】の記事を見てみましょう。

日本語訳は下記にあります。

【英語版】Deputy Police Chief Defends Handling of Toddler Sexual Assault Case

YANGON—Myanmar’s deputy police chief said the suspect in a a toddler rape case at a private Naypyitaw nursery school was detained and is being prosecuted based on relevant evidence, including the victim’s account.

Police rearrested Aung Kyaw Myo, a.k.a. Aung Gyi, 29, on Wednesday and charged him for the rape case at a district court in Naypyitaw on Thursday. The move followed his release late last month by a court after a Criminal Investigation Department interrogation relating to the case failed to find strong evidence against him. A test showed that DNA evidence obtained during the evidence did not match Aung Gyi.

He was charged under Article 376 of the Penal Code. If found guilty, Aung Gyi faces a maximum life sentence.

“Police have made an investigation and opened a case. He was remanded in custody. We will start an investigation,” Dekkhinathiri District Court Information Officer U Nyo Htay told the media.

The girl, who was 2 years and 11 months old at the time, is alleged to have been sexually assaulted at the Wisdom Hill private school in Naypyitaw’s Zabuthiri Township on May 16. Her mother opened a complaint with police the following day.

At a press briefing on Friday, Deputy Police Chief Major-General Aung Naing Thu said that when the school’s CCTV footage of Aung Gyi was shown to her, the girl identified him as her abuser. He was employed as the driver of the school supervisor.

“According to the footage, he was the only male who entered the nursery school on the day of the crime,” the deputy police chief said.

He added that a test found semen on the underwear of Aung Gyi as well.

“Based on the evidence we have found, we have charged him,” the officer said.

The father of the victim told The Irrawaddy that while at the police station, he watched the CCTV footage from the nursery for the entire night. He said he saw a male entering the school building at 3.12 p.m. and leaving at 3.38 p.m. on May 18.

He said his daughter had pointed to someone on the CCTV footage and indicated the man as being the one who had touched her private parts.

“We have presented the video record [to the police]. But, I don’t think [police] will arrest him on that evidence alone. I think we need to find stronger evidence,” he told The Irrawaddy.

Within hours of Aung Gyi’s being charged on Thursday, masses of Facebook users reacted angrily, expressing serious doubt as to the police’s conclusion.

They questioned the reason for re-arresting the suspect after he had been released by a court, while others doubted the survival chances of a less than 3-year-old victim who had been sexually assaulted by a 29-year-old man. Some wondered if he was a scapegoat.

Daw Yi, the mother of the accused, told The Irrawaddy that her son was innocent.

“The judge read out [on June 24] that the DNA test didn’t match. He was not found guilty. That’s why he’s set free,” she said, citing the court’s decision.

“Now he is arrested again. He said he didn’t do anything wrong,” she said.

However, Maj-Gen Aung Naing Thu said on Friday that Aung Gyi’s release was simply due to the fact that not enough evidence had been collected at that time.

The public and the media became aware of the case when a Facebook post about the assault went online a few days after it occurred. By the end of May, masses of Facebook users had begun changing their profile pictures to a “Justice for Victoria” image and urging police to investigate. (Victoria is not the girl’s name; it is a female name being used to represent the campaign.) Major celebrities and public figures from across Myanmar have since joined in. The “Justice for Victoria” message has broadened into a wider call for an end to all sexual violence, especially against children.

U Zaw Htay, the President’s Office spokesperson, said at a Friday press briefing that both President U Win Myint and State Counselor Daw Aung San Suu Kyi had been following the case from the start.

“We have told the Police Force and the Ministry of Home Affairs to bring the offender to justice as soon as possible,” he said.

He added that Wisdom Hill, the nursery school where the sexual assault happened, will be shut down as it was found to be operating without official permission.

“Justice for Victoria” rallies have been organized for this weekend in Yangon and other parts of the country to raise public awareness on the issue and call for justice for the girl.

【引用 イラワディー新聞】

撮影 zaw zaw

【日本語訳】副警察署長が幼児の性的暴行事件の取扱いを守ります

ヤンゴン – ミャンマーの副警察署長は、ネピドーの 私立保育園で幼児強姦事件の容疑者が拘留されており、被害者の説明を含む関連証拠に基づいて起訴されていると述べた。

警察は水曜日にAung Kyaw Myo(別名Aung Gyi、29歳)を逮捕し、木曜日にネピドーの地方裁判所でレイプ事件の罪で彼を起訴した。訴訟に関する刑事捜査局の尋問が彼に対する強力な証拠を見つけることに失敗した後の動きは先月末の裁判所による彼の釈放に続いた。その証拠の間に得られたDNAの証拠がAung Gyiと一致しなかったことをテストは示しました。

彼は刑法第376条に基づき起訴された。有罪と認められた場合、Aung Gyiは最大の終身刑に直面します。

警察は捜査を行い、事件を起こした。彼は拘留中に差し戻された。私たちは調査を始めます」とDekkhinathiri地方裁判所の情報担当官U Nyo Htayはメディアに話しました。

当時2歳11ヶ月の少女は、5月16日にネピドーのウィズダムヒルの 私立保育園 で性的暴行を受けたと伝えられている。

金曜日の記者会見で、副警察長官Aung Naing Thuは、Aung Gyiの学校のCCTV映像を彼女に見せられたとき、彼を彼女の虐待者として認識したと述べました。彼は学校の校長の運転手として雇われた。

「映像によると、彼は犯罪当日に保育園に入った唯一の男性だった」と副警察署長は述べた。

彼はテストがAung Gyiの下着にも精液を見つけたと付け加えた。

「我々が発見した証拠に基づいて、我々は彼を起訴した」と将校は言った。

被害者の父親はイラワディー紙に、警察署にいる間、保育園からのCCTV映像を一晩中見ていたと語った。彼は、男性が3.12 pmに校舎に入って、5月18日の3.38 pmに出発するのを見るのを言いました。

彼は、彼の娘がCCTV映像の誰かを指していて、その男性が彼女の陰部に触れた人物であると指摘したと述べました。

私たちはビデオを(警察に)提示しました。しかし、私は[警察]がその証拠だけで彼を逮捕するとは思わない。彼はイラワディー紙に語った。

Aung Gyiが木曜日に告発されてから数時間以内に、Facebookユーザーの大多数は腹を立てて反応し、警察の結論について深刻な疑いを表明した。

彼らは、容疑者を法廷で釈放された後に再逮捕する理由について質問したが、他の人は、29歳の男性に性的暴行を受けた3歳未満の犠牲者の生存の可能性を疑った。彼がスケープゴートなのかと疑問に思う人もいました。

被告人の母親であるDaw Yiは、イラワディー紙に息子は無罪であると語った。

裁判官は[6月24日に] DNA検査が一致しなかったと読み上げた。彼は有罪とは認められなかった。彼女が裁判所の決定を引用して、彼女は言いました。

「今、彼は再び逮捕されています。彼は何も悪いことはしないと言った」と彼女は言った。

しかし、Maj-Gen Aung Naing Thu氏は金曜日に、Aung Gyi氏の発表は単に当時十分な証拠が収集されていなかったという事実によるものだと述べた。

暴力についてのFacebookの投稿が発生して数日後にオンラインになったとき、大衆とメディアはその事件に気付いた。5月末までに、大多数のFacebookユーザーが自分のプロフィール写真を「Justice for Victoria」の画像に変え、警察に調査を促し始めた。それ以来、ミャンマー各地からの著名人や有名人が参加しています。「ビクトリアの正義」メッセージは、より広い目的の終了を呼びかけています。すべての性的暴力、特に子供に対するもの。

大統領府のスポークスマンであるU Zaw Htay氏は金曜日の記者会見で、U Win Myint大統領とアウン・サン・スー・チーの2人が最初から事件をフォローしていたと述べた。

「警察と内務省に、犯罪者をできるだけ早く裁判にかけるように言いました」と彼は言った。

彼は、性的暴行が起きた保育園Wisdom Hillは、正式な許可なしに活動していることが判明したため閉鎖されると付け加えた。

ヤンゴンやその他の地域では、この週末に「ビクトリアの正義」集会が開催され、この問題に関する一般の人々の認識を高め、少女への正義を呼びかけています。

ネピドー市内ではどの様に言われているのか?

実際に事件の起きたネピドー市内ではどの様な扱いになっているのか気になりメディアを検索したが現状では何も出てきませんでした。

そこでミャンマーのネピドー在住の知人数人に聞いた所メディアや新聞では報じられていないことが浮き彫りになりました。

先ずこの事件の起きた学校の校長には息子が居ます。

この息子は実は前科が有ることがわかりました。その前科とは自分のいとこを暴行したとの事実でした。しかしこの校長の家は昔から大金持ちでこの事件はもみ消されたそうです。

そして今回の事件も恐らく息子だろうと言われています。恐らく監視カメラの画像も細工をされており滞在時間が短すぎるとのことです。

実際ミャンマーでの事件件数

ミャンマーが2017年に見た1,405件のレイプ事件のうち、子供の被害者は897人、すなわち64.84パーセントに関与していた。

昨年の全体の数は、1,583件と大幅に増加し、1,028件の児童レイプ(64.93%)が含まれています。

1月から6月にかけて、619件のレイプ事件が発生し、驚いたことに、被害者は419件(67.68%)の子どもたちでした。

この様に首都で起きた事件ということも有り現在ミャンマーでは日々報道されています。

そしてミャンマーではSNSといえばフェイスブックと言われこの事件が広がった原因でも有ると思われます。

ミャンマーの治安及び警察

ミャンマーの治安ですが観光客や外国人が済む地域や観光地は近年特に事件は起きておらず、安心して行動できます。

しかしながらヤンゴンの中心地から離れたラインタヤ地区などは夜はあまり近づかないほうがいいでしょう。

警察官も民主化以降、意識の変化も起きていますが絶対数が少ないのでこれからだと思います。

因みに警察官の詰め所は市内にはたくさん有り、ミャンマー人は英語が話せる人もたくさんいますがもし事件に巻き込まれたら、ツーリストポリスか大使館に相談しましょう。

まとめ

今回の悲しい事件はフェイスブックが原因で解決への道へと続きそうです。

この様な民衆の行動で世間の風向きが変わっていくミャンマーはこれからの未来への明るさを少し見えた気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました